看護師求人知識

看護師の悩める求人情報や臨床知識に関する情報を公開していきます!

看護師の臨床現場では、患者様の対応だけでなく、さまざまな他部署との連携も必要となり、多忙を極めています。

また、カルテ情報の記載や、雑務業務など定時の時間内に追われていない看護師の方も多いと思います。
患者様が急変した際や、ナースコールを患者様が押した際には真っ先に駆けつけなくてはなりますせん。
そんな中、給料が職場の仕事内容に見合っていなかったり、環境に不満を抱えていると働く意欲もわいてきませんよね。
そんな看護師に関する職場情報や臨床知識を中心に公開し、少しでも看護師の方に役立つサイトにしたいと考えています。

看護師が知っておくべき気管切開直後の対応

気管切開というのは、自発的な呼吸困難の際に、気管を切開し、気管孔を作る事で呼吸ができる状態にする事です。
この手術のあとには、気管にカニューレという管を挿入し、呼吸状態の確保を行います。
では気管切開後の注意点について説明していきます。

気管切開後の注意すべき点とは

気管を切開した後というのは、当然創傷ということになりますから、感染や創傷の治癒に関して注意しなくてはなりません。
気管の孔が治癒していく過程で、きちんと穴を確保しておかないと、治癒過程の間に孔が小さくなってしまうリスクがあります。
気管切開を行った直後から不用意にカニューレの取り外しを行ってしまうと、孔が治癒過程の間に徐々に小さくなってしまい、必要な呼吸状態の確保やカニューレを挿入できる孔の確保が行えなくなる点に、看護師は知っておくべきでしょう。
気管のカニューレが抜けてしまった場合、まず開窓できる器具を用いて気管切開部からの呼吸の確保を先に行います。
次にカニューレを挿入する際ですが、押し込んでも入らない場合が多く、直ちに再挿入に準備を行うようにしましょう。

看護師の好条件求人を探すには

今の職場の現状に満足できない、新たな条件の下スキルアップの図れる職場に転職したいという気持ちは誰にでもあります。
しかしその希望を満たしてくれる求人がなかなか見当たらず、諦めてしまっていませんか?
そういった方にはぜひ看護師求人情報サイトを利用してみて欲しいです。
厚生労働省の認可の下、あらゆる条件の求人情報を常に確保し続けているので、きっと貴方に合った求人が見つかるはずです。
選任のコンサルタントが相談に乗ってくれるので、希望の条件の職場を伝えておくと、コンサルタントが非公開の求人も含めてリストアップしてくれるので、探す手間も省けますよ。

 

好条件の非公開求人情報をゲットするならコチラから!